メニュー

脳卒中

脳卒中(stroke)は、脳梗塞、一過性脳虚血発作(transient ischemic attack;TIA)、脳出血、くも膜下出血、脳動静脈奇形(AVM)からの頭蓋内出血に大別されます。脳梗塞はさらに、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症(心房細動などによる)、ラクナ梗塞などに分けられます。

脳卒中の一般的な危険因子には、高血圧、糖尿病、脂質異常症、心房細動、喫煙、大量飲酒、運動不足などがあります。当院では、脳卒中を防ぐためのお薬の処方や、生活習慣についての指導を行っています

脳梗塞や一過性脳虚血発作の発症には動脈硬化が関係しています。当院では動脈硬化症の進行度の評価のためにABI検査とPWV検査を行うことができますが、特に頸動脈硬化症が疑われる場合には、頸動脈エコー検査を行い、動脈硬化の進展度の評価も行っています。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME