メニュー

生活習慣病について

生活習慣病はかつて成人病と呼ばれ、毎日のよくない生活習慣(不適切な食生活(カロリーや食塩、脂肪のとりすぎ)、運動不足、過度の飲酒、喫煙、ストレスなど)の積み重ねによって引き起こされる病気です。

生活習慣病は血管年齢の上昇と関連することが知られています。当院では血液検査に加えて、比較的太い血管の血管年齢を脈波伝播速度(pulse wave velocity、PWV)で、細い血管年齢を加速度脈波検査で評価しています。また、頸動脈の超音波検査(エコー)により、動脈硬化の進展状況をさらに詳しく評価できます。

生活習慣病から来る病気・疾患

糖尿病、脳卒中、虚血性心疾患(狭心症、心筋梗塞)、脂質異常症(高脂血症)、高血圧症、肥満症、動脈硬化症、痛風(高尿酸血症)など。

当院の治療方針

生活習慣病の予防には、日常生活の改善が重要です。健康な生活をおくれるよう、生活習慣の指導をいたします。また、重篤な糖尿病など、高度な医療機関での治療が必要な場合には、適切な医療機関をご紹介し、紹介病院と十分な連携を取りながら、治療をすすめていきます。

▲ ページのトップに戻る

Close

HOME